ジャズとオカリナが競演 11月21日、市政記念館でコンサート ピアノの明田川さんら出演、市民5人がセッション 【舞鶴】

ジャズとオカリナが競演 11月21日、市政記念館でコンサート ピアノの明田川さんら出演、市民5人がセッション 【舞鶴】

投稿日時:2010年11月5日

1011051

 ジャズピアニストの明田川(あけたがわ)荘之さん=東京都杉並区=らのジャズコンサートで、オカリナ愛好家の市民たちが競演する。アドリブのジャズにオカリナの合奏でセッションを挑む新しい試みに、本番を控えた出演者たちは、明田川さんを迎え練習に取り組んだ。オカリナ持参の来場者も当日、飛び入り演奏できる。21日午後1時半から北吸の市政記念館で開かれる。  オカリナを楽しむ和高明代さんが、八反田南町の自宅をライブ会場として開放し、定期的にコンサートを企画する。その中で国内外で活躍する明田川さんのライブを開いたことから競演を持ちかけた。明田川さんはオカリナの製作者・演奏家としても知られる。  市民5人で若狭オカリナ・オールスターズを結成し、明田川さんオリジナル曲の「サムライニッポン」など7曲で演奏する。赤煉瓦ジャズ祭にも出演したサックスの林栄一さん、ギターの津村和彦さんも出演する。  先月には明田川さんが来鶴し、ジャズのリズムを感じて、音の入り方や息の合わせ方などをアドバイスした。「新しい試みに楽しみです。ジャズの街舞鶴から発信できるものがあれば」と話す。  和高さんは「普段は演奏が近づくにつれ緊張感が増すのですが、今回は不思議にわくわくした気分。オカリナの新しい魅力を広げるきっかけにしたい」とその日を待ち遠しくしている。  演奏前の正午から明田川さん製作などのオカリナの展示販売、オカリナ奏者の深瀬欽吾さんの演奏もある。前売り2,200円(当日300円増し)。
【問い合わせ】電話62・0633、music@和

コンサートのチケットを2人に
 舞鶴市民新聞社はこのコンサートに2人を招待する。チケット希望者は郵便番号、住所、氏名、電話番号、「ジャズコンサート」係と明記し、11月10日までに申し込みを。応募ははがき(あて先〒624―0905福来912―1 舞鶴市民新聞社)、FAX(77・1750)、eメール(maipress@topaz.ocn.ne.jp)で受け付けている。応募者多数の場合は抽選。チケットの発送をもって当選者発表にかえる。
写真=オカリナ演奏の市民らにアドバイスする明田川さん(左)