インターネット上で無料健康相談「舞鶴e-ホスピタル」 新たに11科の総合病院でスタート  【舞鶴のニュース】

インターネット上で無料健康相談「舞鶴e-ホスピタル」 新たに11科の総合病院でスタート 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年12月20日

0212201
写真はホームページの相談をする医師たち

 4人の開業医が昨年9月、インターネット上で無料による健康相談に応じるホームページ「舞鶴e-ホスピタル」を開設したが、新たに開業医や舞鶴赤十字病院の勤務医も加わり、このほど11科の総合病院としてスタートした。病院に行かなくても医師からアドバイスを受けることができ、医療への安心感が生まれたと市民からも好評という。今後は市内の各病院をつなぐネットワークの構築も目指したいとしている。
 治療に対する医師の説明が十分でなく悩んでいる相談を患者から受け、梅原秀樹医師らがその悩みを解消する活動を模索。利用者が自宅からいつでも質問でき、忙しい医師も時間の合間に答えることができるメリットを考え、インターネットによるボランティアの診療所の運営を始めた。
 昨年9月からの質問件数は120件、市内からが37%、その他が63%。女性が約7割を占めた。産婦人科や胃腸内科へは、診察内容や手術への決心がつかないという相談があり、それに回答したことで受診しやすくなったと返信が届いた。隅山充樹医師らは「メールでなら聞きやすく、活字での回答を何度も読み直せるメリットもあります」と振り返っていた。
 現在は歯科医師や小児科などの医師も加わり、9人による11科の総合病院の態勢が整った。今後は市内の病院の参加を呼びかけてネットワークでつなぎ、開業医から病院への紹介状や画像診断のデータの交換などできればとしている。ホームページのアドレスは http://maizuru‐e‐hospital.com/