インターナショナル与保呂フェス 舞鶴在住外国人と児童や地域の人ら交流【舞鶴のニュース】

インターナショナル与保呂フェス 舞鶴在住外国人と児童や地域の人ら交流【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年6月17日

0306172

与保呂の与保呂小学校(荒木弘子校長)で6月15日、舞鶴在住の外国人と児童や地域の人たちが交流する「インターナショナル与保呂フェスティバル」が開催された。児童たちは、海外の文化に触れ、国際理解を深めた。
 この催しは、国際交流に熱心に取り組む同フェス会長の二谷すゑのさんが、国際色豊かな体験を通して、地域一丸となって子供たちの健やかな成長を支援していこうとの趣旨で、同校と共催で開催している。昨年に続いて2回目で、今回は8カ国15人の外国人と児童ら約百五十人が参加した。
 フェスティバルでは、開会式に続いて、舞台発表があり、児童たちが常太鼓や手品を発表。また、中国人の胡弓演奏やカナダ人のカナダ国歌の独唱などがあった。この後、外国人の国別にカナダ、イギリス、中国などのコーナーが設けられ、児童たちが各コーナーに参加して、外国人と一緒にゲームなど楽しんだ。最後に全員輪になってフォークダンスも行われた。
写真=与保呂小で輪になってフォークダンスを楽しむ参加者たち【舞鶴のニュース】