まちづくりサポート、アンケート調査 安心して子育てができる地域へ報告会【舞鶴】

まちづくりサポート、アンケート調査 安心して子育てができる地域へ報告会【舞鶴】

投稿日時:2008年3月21日

0803212

NPO法人まちづくりサポートクラブは、産前産後の家事支援と子育て支援サービスに関するアンケート調査などを実施し、3月19日、円満寺の西市民プラザで子育て支援の関係者らが集まり報告会を開いた。調査で得た声を、安心して子育てができる層の厚い地域作りに役立てたいとする。  産前産後の家事でどんな支援が必要か探り、子育て支援の提言をするため、キリン福祉財団の助成で昨年、子育て中の家庭を10回訪れ、調理、送迎などの支援のモニター調査、乳幼児を持つ母親に対して子育て支援サービスの利用の有無などを尋ねたアンケートを実施した。87人から回答を得た。  保育士や助産師、市関係者ら約20人が調査結果を聞いた。自由回答欄で「妊娠中に支援センターの見学をしたい」などの声もあった。参加者らは結果から「保育所でのショートステイなど知らない人が多く、PRの必要を感じた」「助産師と保育士の連携が必要」など意見を交換した。  同クラブ副代表の谷口英子さん(36)は「調査で浮かび上がった問題を地域で考える問題として広め、民間と行政との話し合いのシステムを作り、顔の見える情報を発信したい」と話す。3月末に報告書を作成し、関係者や市民に配布する予定。

写真=調査で浮かび上がった問題を話し合う参加者ら

【舞鶴】