はまっこ夜の市はじまる

はまっこ夜の市はじまる

投稿日時:2016年7月5日

DSC06939
         はまっこ夜の市の様子
DSC06948
       アームレスリング大会の様子

 浜の八島商店街で7月2日、夏の風物詩「はまっこ夜の市」が始まった。リニューアルしてから、今年で6年目を迎える。
 2011年、長年親しまれてきた東舞鶴商店街地区の土曜夜の市が、担い手の高齢化による人手不足や厳しい予算などで、一時は中止も検討された。その一方で、地域のコミュニティーの場として、商店街の新たな役割が求められていることが指摘され、また市民に対するアンケートで夜の市を継続してほしいと要望もあった。会合を重ねた結果、これまで商店街を中心に行ってきた部分を地域団体や市民らで行う市民参加型の地域の縁日「はまっこ夜の市」とリニューアルした。企画側のネットワークが広がった分、人が人を呼び、年々、昔のにぎわいに近づきつつある。
 今年は東舞鶴地区の軍艦通りをイメージした東舞鶴商店街のキャラクターとして活躍中の「八島かおり」、「朝日まなみ」、「敷島かえで」に加えて、「八重山あずさ」、「富士みなよ」、「初瀬やよい」、「三笠なつみ」、「大門提督」の5体の新キャラクターが初お披露目。初日は、鉄腕舞鶴によるアームレスリング大会が行われたほか、バラエティに富んだ夜店が並び、たくさんの人賑わった。友達3人と遊びに来ていた白糸中1年生の藤垣絢女(あやめ)さん(12)は「かき氷やクロワッサンたい焼きを楽しみに来ました。楽しいです!」と夏祭りを楽しんでいた。同商店街の伊庭八郎理事長(72)は「お客さんが楽しみにしている夜の市。幼稚園絵画展やダンスイベントなど今年も企画満載です。ぜひ浴衣を着て夏祭りを楽しんでほしい」と語った。
 夜の市は7月23日までの毎週土曜日の午後6時~同9時まで。9日は音楽ライブイベント「Music challenge」、16日は東高の書道パフォーマンスやALEG-Reのパフォーマンス、23日は「夜の市Dance show」が予定されている。
 また西舞鶴の夜の市も7月9日から開催される。