それぞれの絆を活写 フォトトーク彩 森のとけいで写真展【舞鶴】

それぞれの絆を活写 フォトトーク彩 森のとけいで写真展【舞鶴】

投稿日時:2012年6月5日

1206052

写真グループ「フォトトーク彩(いろどり)」(湯浅好造代表)の第5回写真展が、舞鶴市上安の「森のとけい」で開かれている。「絆」をテーマに約10人のメンバーたちが、親子や友達、動物たちの日常の風景から絆を切り取っている。6月17日まで。  同グループは3年前に結成、舞鶴や福知山のプロからアマチュアのカメラマンがメンバー。智恵蔵でグループ展を企画してきたが、初めてテーマを決めて撮影に取り組んだ。  今回は「絆」のテーマで各メンバーが感じる絆を表現した。親子がつなぐ手をアップで捉えた写真、川辺で遊ぶ子供たち、花を摘んで母親に「取れたよ」と見せようとする女の子、大都会のビルで仲睦まじそうに寄り添う2羽のハトを電車の車窓から撮影したモノクロ写真などが並ぶ。  湯浅さんは「それぞれのイメージで絆を表現した。8月19日からはエル・マールで写真展を開きます。会員も募集中です」と話す。月~水曜は休み。
【問い合わせ】電話76・1153、同店

写真=展示した作品とメンバーたち