がんを克服した糸井さん(倉梯町) 讃岐うどんの店を切り盛り、ローカル局がTV取材【舞鶴】

がんを克服した糸井さん(倉梯町) 讃岐うどんの店を切り盛り、ローカル局がTV取材【舞鶴】

投稿日時:2005年3月11日

0503111

5年前にがんを発病し、その後に回復した舞鶴市倉梯町の糸井利美さん(57)が、アサヒ緑健(本社・福岡市)がスポンサーとなるドキュメンタリー番組「人生(たび)の切符」のテレビ取材を受けた。いまも治療を受けているが、元気にふるさとの味の讃岐うどんの店を切り盛りし、来店者との出会いの輪が広がっている。撮影スタッフが3月7日~9日に来店、生き甲斐を持って毎日を過ごす姿をカメラに収録した。夫の功さん(59)のすし店「鯛福」=倉梯町=を手伝っていた利美さんは、卵巣がんの診断を受け2000年2月に入院し、摘出手術を受けた。抗がん剤の治療は苦しかったが周囲の励ましを受け、病気と共存する気持ちに変わり、功さんも好きな野草を見にハイキングに連れだし支えた。01年に再発、再手術の予定だったががんは消えていた。利美さんは香川県観音寺市生まれ。讃岐うどんの店の夢を持ち、回復を機に02年からすし店で昼間だけうどんを出す仕事を始めた。同市直送のうどんのおいしさが口コミで広がり、常連客は利美さんとの会話も楽しみに通っている。たまたま訪れた人ががんだった体験を話し、励まし合うことも。いまも抗がん剤の投与を受けているが、すっかり元気になった。「人生の切符」は、病気などを克服して自分らしく生きている人を取り上げる30分番組。全国のローカル放送局で放映している。糸井さんを紹介した本紙ホームページの記事を見て、東京のテレビ制作会社「ケーテン」が取材。来店者とのやりとり、野草摘みの散策などの様子を撮影した。利美さんは「テレビ取材は初めてなのでドキドキしました。店でのいろんな人との出会いが楽しく、力をもらっています」と話していた。放映日は未定。詳しくは糸井さん(電話62・7652)へ。

写真=取材を受ける糸井さん(左奥)と妻を支える功さん(右)