お年寄りに心和ます歌声と絵 さくら保育園の園児たちクリスマス訪問  【舞鶴のニュース】

お年寄りに心和ます歌声と絵 さくら保育園の園児たちクリスマス訪問 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年12月27日

0212272

 舞鶴市七条中町のさくら保育園の園児32人が12月25日、引土の介護老人保健施設「すこやかの森」を訪問、クリスマスらしくメロディーベルによる演奏などをプレゼントした。小さなサンタのかわいらしい歌声と毛糸を使った絵のプレゼントに、お年寄りらは心を和ませていた。
 同保育園は毎年クリスマスの時期に市内の福祉施設を訪れ、お年寄りらと交流している。今回は5歳児18人、4歳児14人がバスでやって来た。
 園児全員で「大きな古時計」などを合唱した後、5歳児らがメロディーベルを手にして「きよしこの夜」などを演奏、お年寄りらはベルの音に耳を傾けた。その後、園児らは自己紹介や手遊びをしたりして触れ合い、お年寄りらを喜ばせた。