「Music・Studio M」結成 地域の音楽文化振興へ演奏家5人がスタジオ共同運営【舞鶴】

「Music・Studio M」結成 地域の音楽文化振興へ演奏家5人がスタジオ共同運営【舞鶴】

投稿日時:2008年7月11日

0807112

舞鶴など在住のピアノやサックス、フルートの演奏家5人がグループ「Music・Studio M」を結成し、レッスン場や演奏会などに使うスタジオを共同運営している。5人は依頼を受けての演奏活動にも取り組み、地域の音楽文化の振興に努めたいと力を合わせる。7月21日午後2時から矢之助町のスタジオで、初めてのピアノのサロンコンサートを開催する。  ピアノ講師やサックス奏者らが、協力して音楽を広める活動をしようとグループを設立。フルート講師で代表を務める掛村岳志さん=京都市在住=らは、これまでレッスンをする際、会場を変えて指導し不便だったが、5人が共同でレッスン場に使えるスタジオを確保した。  場所は矢之助町のマンション「グランドール左近」1階。元文具店だった場所で、ピアノを持ち込み改装し音の反響もよくなっている。すでにピアノのレッスンのほか、舞鶴フルートアンサンブルの練習もここで指導している。3、40人を収容することができ、演奏会にも使っていきたいとする。  掛村さんは「この地域でプロの音楽活動は難しさがあるが、それを少しでも変えることができれば。音楽センターとして多くの音楽好きの市民が集う場にしていきたい」と話している。21日のコンサートは、メンバーの新井陽子さんと稲谷潤美さんが出演する。入場料1500円。
【問い合わせ】電話090・8203・9774、掛村さん

写真=スタジオでフルートの指導をするメンバーの掛村さん(右端)

【舞鶴】