「道の写真コンテスト」で 舞鶴市長賞に野崎さん(行永)【舞鶴】

「道の写真コンテスト」で 舞鶴市長賞に野崎さん(行永)【舞鶴】

投稿日時:2005年8月9日

0508093

8月の「道路ふれあい月間」にちなんだ国土交通省福知山河川国道事務所の「道の写真コンテスト」の入賞者の表彰式が8月7日、浜の市商工観光センターであり、舞鶴市長賞(優秀賞)を受賞した野崎洋子さん=行永=に賞状が贈られた。「道の写真コンテスト」には、107点の応募があり、審査の結果、野崎さんの作品「黄金に輝くトンネル」と、北垣正則さん=京丹後市=の作品「光跡と漁火」(福知山河川国道事務所長賞)の2点が優秀賞に選ばれた。このほか、「歴史を感じる道」「赤煉瓦がある道」など4部門の部門賞各1点と佳作が決まった。作品は会場に展示され、来場者らが「道」をテーマにした写真を熱心に観賞していた。表彰式に続いて、郷土史家、横川淳一郎さんの「伊能忠敬の測量とその素顔」と題する講演が行われた。また、表彰式に先立ち、「伊能忠敬の測量体験」のイベントもあり、市民ら約60人が、江戸時代の測量技法で、東地区海岸の測量を行い、地図上に地形を記した。
 「道の写真コンテスト」の各部門賞と佳作に選ばれたのは次の皆さん。
【歴史を感じる道】部門賞=上月均▽佳作=永木孝夜、山田宣子、塩見淑子  
【赤煉瓦がある道】部門賞=由里章▽佳作=西村哲夫、杉部正晴、尾松厚生  
【海が見える道】部門賞=足立衛▽佳作=白木勇治、生橋健治、梅原隆  
【自然あふれる道】部門賞=小幡尚子▽佳作=古川淳寿、安達初夫、熊谷正春、林正武

写真=優秀賞を受賞した野崎さんの作品「黄金に輝くトンネル」