「趣味の絵画サークル」が第1回作品展 10月18日まで、ゆっくり茶房「森のとけい」で 【舞鶴】

「趣味の絵画サークル」が第1回作品展 10月18日まで、ゆっくり茶房「森のとけい」で 【舞鶴】

投稿日時:2009年10月9日

0910092

舞鶴出身で門真市在住の洋画家、奥野北雄さんから指導を受ける「趣味の絵画サークル」の第1回作品展が、上安のゆっくり茶房「森のとけい」で開かれている。風景画や人物画など楽しみながら描いた多彩な作品が並んでいる。入場無料。奥野さんは舞鶴で開く教室で指導して20年になる。昨年教室は一区切りをつけたが、引き続き指導を希望する市民たちがサークルを結成、今年1月から南公民館で17人のメンバーが自由なテーマで絵を制作し、奥野さんがアドバイスをしている。作品展は伊根の舟家、自分の孫、茅葺き民家、花など油彩や水彩、パステルで描いた作品18点が並ぶ。世話人の竹内弘さん(81)は「みんなわきあいあいと楽しみながら描いています。今後も年に1度作品展を続けたい」と話す。10月12日から作品を入れ替える。同18日まで。火曜休み。午前10時~午後6時。
【問い合わせ】電話76・1153、同店

写真=展示された絵画