「私のアイデア貯金箱」コンクール 1次審査会に小学生たちがユニークな作品【舞鶴】

「私のアイデア貯金箱」コンクール 1次審査会に小学生たちがユニークな作品【舞鶴】

投稿日時:2005年9月24日

0509242

第31回「私のアイデア貯金箱」コンクール(日本郵政公社主催)の1次審査会が9月20日、浜の東舞鶴郵便局で開かれた。市内の小学生たちが製作した233点の作品が集められ、そのユニークさなどが審査された。郵便貯金振興会長賞や2次審査会に出品される作品が選ばれた。貯金箱の製作を通して、子供たちに貯蓄に対する関心を高めてもらおうと実施している。市内の小学校と舞鶴養護学校北吸分校など、22校の児童たちが計1018点をつくり、各学校で選考した233点が1次審査会に並んだ。カブトムシや西駅前の太鼓堂、観覧車などを模倣した作品のほか、ガムの空き箱や牛乳パック、すだれ、エンピツなどを使った貯金箱が出品された。太田茂樹・東舞鶴郵便局長ら4人が審査委員となり、1.2年と3.4年、5.6年の部で作品のインパクトや完成度などを審査し、京都市内である2次審査会の作品を選んだ。各賞の受賞者は次の通り。
 【郵便貯金振興会長賞】1・2年の部=岡島史歩(倉梯)▽3・4年の部=藤本航平(中筋)▽5・6年の部=久保絵莉子(明倫)【学校賞】池内小学校

写真=1次審査会に並べられた小学生らがつくった貯金箱