「元祖肉じゃがレトルトパック」販売 まいづる肉じゃがまつり実行委と食品メーカー  【舞鶴のニュース】

「元祖肉じゃがレトルトパック」販売 まいづる肉じゃがまつり実行委と食品メーカー 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年10月10日

0310102

まいづる肉じゃがまつり実行委員会と児島食品、エフクックが「元祖肉じゃがレトルトパック」を共同開発し、今月から市内の観光施設やスーパーで販売している。同委員会がイベントなどで作っている肉じゃがの味を、そのままレトルトパックで再現した。関係者らはお土産品などに活用し、肉じゃが発祥の地・舞鶴をPRしていく。
 肉じゃがの作り方が「海軍厨業管理教科書」として、海上自衛隊舞鶴地方総監部にだけ残っていたことから、同実行委員会が肉じゃがを使ってまちおこし活動を続けてきた。平成11年と12年には「カルビーじゃがりこ・肉じゃが味」を限定販売もしたが、肉じゃが関連のお土産品の開発や、肉じゃがを提供する飲食店を増やすことを目指し、地元の食品メーカーと協力してレトルトパックの商品化に取り組んだ。
 1袋は300グラム入り(2人前)。調理済みのジャガイモの味を長期間維持し、また、形を崩さないことの課題をクリアした。製造は福来のエフクック、販売は余部上の児島食品が担当。1箱750円(消費税込み)。フクヤ各店や商工観光センター、舞鶴グランドホテルなどで販売中。舞鶴とれとれセンターなどで食べることもできる。問い合わせは児島食品(フリーダイヤル0120・413・714)。
写真=箱入りの商品と肉じゃが