「三条プロムナード・ギャラリー」オープン 商店街の各店舗前に児童の絵展示 【舞鶴のニュース】

「三条プロムナード・ギャラリー」オープン 商店街の各店舗前に児童の絵展示 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年10月10日

0310101

舞鶴市浜の三条通り商店街の各店舗前に、児童の絵画作品を展示した「三条プロムナード・ギャラリー」が、10月5日からオープンした=写真。同19日まで展示され、その後も作品を入れ替えて同ギャラリーを続ける予定。
 三条商店街振興組合(柿下進理事長)が、三条通りを歩行者天国にして、同5日に開催された「ほっとストリートinまいづる」に合わせて企画。木製の三脚を42店舗前に並べ、三笠小学校の児童の作品1点ずつ掲出している。
 児童たちのいきいきとした絵は、買い物客らに好評を得ている。また、子供たちも自分たちの作品を見るために訪れ、商店街のにぎわいにつながっている。柿下理事長は「買い物客の皆さんとのふれあいにと企画しました。今後も地元の小学校、幼稚園の子供たちの作品を展示していきます」と話している。