「ミニギャラリー&手織り工房」教室も予定 3月オープン 、福本さん(小倉)利用呼びかけ【舞鶴】

「ミニギャラリー&手織り工房」教室も予定 3月オープン 、福本さん(小倉)利用呼びかけ【舞鶴】

投稿日時:2009年2月27日

0902272

小倉にミニギャラリー&手織り工房「チロル」が、3月からオープンする。長らく飲食店を営みながら、さをり織りで作品づくりをする小倉の福本季子さん(62)が始める。手織り教室で織物の楽しさを伝えるほか、ジャンルを問わず作品展の会場として利用を呼びかけている。  工芸展でさをり織りを見て気に入り、まいづる作業所や京都市内の教室で教わり、10年前から自宅で作品づくりを楽しみ作品展も開いてきた。いつかは織物に専念してギャラリーと工房をとのアイデアを温め続け、小倉の国道27号線沿いに、福本さんが35年間続けていた飲食店に一区切りをつけ、店舗を改装して開設した。  工房内に手織り機2台を置いて自分の作品づくりをするほか、教室を開いて受講者に体験してもらう。また、工房の隣をミニギャラリーのスペースに利用している。福本さんは「織物をしていると無心になることができ、織り上がった時の充実感が魅力です。気軽に利用して下さい」と話す。教室は希望日時の相談に応じる。1回コースは2500円(材料費別)。
【問い合わせ】電話63・3974、チロル。

写真=手織り機が置かれた工房「チロル」

【舞鶴】