「みずなぎ丸田学園」園芸品づくり 苗から育てて人気の一品販売【舞鶴】

「みずなぎ丸田学園」園芸品づくり 苗から育てて人気の一品販売【舞鶴】

投稿日時:2005年10月7日

0510072

今春、舞鶴市丸田地区にオープンした障害者の通所授産施設「みずなぎ丸田学園」(植田泰正施設長、定員20人)で、利用者たちが花や観葉植物の園芸品づくりに取り組んでいる。事業のメーンはパン製造と販売だが、豊かな自然が広がる地域で植物に触れる作業として進めている。人気の一品となっている。八雲小学校近くの丸田学園は、パン工房とその場で食べることのできるカフェコーナーを併設している。50種類のパンを製造し、同学園をはじめ、北田辺のみずなぎショップ「ビバ」、寿荘など5施設で定期販売している。1日平均300~400個を販売する。自主製品づくりにも取り組もうと、最近は花の需要があることから、じっくりと育てる作業が利用者に適していることから花の苗づくりを開始。いまではポーチュラカ、ビヨラ、ベンジャミンなど十種類を種や挿し木から育てる。1鉢30円~100円で販売、口コミで広がっている。利用者の女性は「小さな種が育っていく様子はすごい。仕事は楽しいです」と話している。  このほかにも地元の農産物で製品をと、近くの茶畑から無農薬茶を製造・販売している。来年から野菜の苗づくりもしたいという。日曜・祭日は休み。
【問い合わせ】電話82・9500、同学園。

写真=種や挿し木から育てた園芸品